ガルバリウムは段違いにかっこ良く見えます

わが家の壁は土壁というのでしょうか。
正式名称はなんと言うのかわかりませんが、左官屋さんがアイロンみたいなもので塗って作っていくような壁でした。

 

だからというわけではないのですが、築50年以上となったわが家は、内装はもとより、外壁の劣化も結構目立ってきましたね。

 

国道よりも1本奥に入ったところにある道路沿いにあるということもあるのでしょうけれど、道路側の土壁はいつの間にか灰色になってしまっていますしね。ですから、外壁のリフォームをすることとなったのです。

 

さて、簡潔に外壁リフォームについていいますと、中に断熱材を入れたわけでもなんでもなく、土壁の上からガルバリウムを貼っただけです。

 

しかし、それだけなのに、なんだかものすごくスタイリッシュな外観になりましたね。

 

私の家の周囲にあるようなトタン壁ではなくて、一定間隔で溝が入っているというデザインが現代的に見えるポイントなのかも知れませんね。

 

パッと見た感じでは、トタンとそれほど代わりはありませんし、素人目からは材質の判断はつきませんので。

 

しかし、ガルバリウムは段違いにかっこ良く見えますので、非常に満足しています。

 

一気に家が若返った印象ですね。言い過ぎかも知れませんが、見た目だけは新築のようです。家の中は相変わらずのボロなのですが…。

 

実際にリフォームを体験した方の声が紹介されているサイトとかを見てこれから直す予定の人は参考にできると思います。